2024年9月23日(月・祝)「こころ と からだ」のワークショップ  ~物語でACP~ え?救急搬送⁈ 聴講あり【わんまいる】


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2024年3月30日に開催したワークショップの内容とほぼ同じです。
なので、私からの内容説明は、一つ戻って、前回分を見てください!
今回はより広くの方に知っていただくために、聴講枠を設けました。
ワークや質疑応答への参加はできませんが、いざというときどうするかという答えのない状況に対して
「考えてみること」とはどういうことか・・・を見ていただくことができます。

前回のワークは江夏さんの温かいファシリのもとに進められました。内容的にとてもヘビーなものでしたが、「誰かの」物語に託すことで、そして、ファシリと参加者という「場」に支えられて、穏やかにワークが進みました。
また、弁護士の参加もあり、「放っておいてくれ!」という病人をそのまま放っておいたら罪に問われるの? とか、救急車を呼ばないならどうしたらいいの? とか、具体的な話もありました。

一般の方が思っていることと、医師や弁護士の話にギャップがあることもあります。
質疑応答も脱線で構いません。ぜひ、普段聞けないようなことも、専門家に聞いてみてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回、友人のゆきさんが書いてくれた紹介のコピペです。どかで見た方もいらっしゃいますよね? (笑)
ゆきさん、転載OKしてくれてありがとう。

この世で大切な人とのお別れは あまり想像したくない。

永遠にこの大切な関係が続くと 思いたい…。

そんなふうに思っている方も 少なくはないのではないでしょうか。

そういう 大切な人、親しい人の 命が長くないかもしれないという状況に 直面したとき

何を大切にいろんな判断・決断を していくのか、

迷ったり、決められなくなることも あるのではないかと思います。

延命治療をするのか、しないのか、 生きるための、積極的治療をするのか

生きる時間を引き延ばすよりも、 幸せで穏やかな時間を大切にするのか。

何が本当にいいことなのか。 その選択をして、後悔しないのか。

本人の意思確認ができないときには 本人にとって、なにがいいのか…。

ーーー

そんな選択を迫られている多くの家族と出会い、何かできないかなと 思い続けてきた友人が

想いを込めて、あるワークショップを開催することになりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ACP(Advance Care Planning)という考え方を 理論(頭だけ)でなく、

実際にワークをしながら、 体験していくというものです。

こういう形のACPの試みは初めてなので どんな形で進めたらいいか、

まだ、手探りなところはあると思います。

けれども、進行(講師)は とても、暖かい人間観をお持ちで ワークをされる、

私も、自分の心が本当に行き詰ったときに、 委ねることができる 信頼できる

江夏亮先生です。

繊細で大切なテーマを 江夏先生が考えられた「投影物語法」という方法も用いながら

進めていかれるとのことです。

ーーー

誰かとの別れで 心残りが全くなくなるわけではないかもしれません。

けれども、いきなり、緊急の場で選択を迫られるよりも、

普段から、そういうことに意識をはせておくことで 少しでも、よりよい選択ができる

助けになるのではないかなと思っています。

※一緒に参加するメンバーを大切に・尊重尊敬をもって接していただける方、その場で話されたことを本人のご了承なしに、外で話さないことに合意いただける方でしたら、どなたでもご参加可能です。

■開催日時 2024年9月23日(祝・月) 10:00~17:00 昼休憩1時間

■ 会    場    オンライン開催(ZOOM)

■ 参加費    10,000円   ■ 聴講費 1,000円  

■申込方法 kazetoniji.no.clinic★gmail.com  (★を@に替えてください)まで

      下記要領にてメールしてください

      ・件名 江夏さん0923  参加 聴講 (どちらか希望される方を残してください)

      ・本文 ①お名前 ②お電話番号 ③メールアドレス ④参加か聴講か

■参加者定員 15名(最小実施人数5名)  聴講は無制限

■申込締切 2024年9月9日(土)

■振込締切 2024年9月16日(土)

※締切後は要相談、メールにてご連絡ください。

※申し込みメール送信後1週間以上経過してもアンケートメールが届かない場合は、再度、お申し込みください。

※キャンセルは7日前までにご連絡ください。それ以降は全額負担となります。

チラシのPDFファイルです。