2020年10月10日(土) 感じる・話す・聴く~こころの基本的なあり方を学ぶ~【わんまいる】

■演者:池見 陽(あきら)教授  臨床心理士・医学博士・関西大学 大学院心理学研究科教授

■日時:2020年10月10日(土)14:00~16:30  定員 20名 程度

■場所:zoom パソコンでもスマホ・タブレットでも参加いただけます。
    (peatixに登録されたメールアドレスに事前に詳細をご連絡いたします。)

■概要:人のこころが何かを「感じる」ことはどのような性質を持っているのでしょうか。
感じたことを「話す」とき、「聴く」とき、人のこころには何が起こっているのでしょうか。
「こころのケア」を行うためには、まず「こころの基本的なあり方」を知る必要があります。
「体験過程と追体験」と呼ばれる「こころの基本的なあり方」を解説後に、
「アニクロ(Crossing with Animals)」というペアワークを行いながら、
実際に体験過程や追体験がどのように起こっているのかを学んでいただきます。
「こころの基本的なあり方」を学び、理解し、優しく目を向ける。
それこそが「こころのケア」につながっていくのです。

■参加費: 3,500円peatix事前決済のみ

■お申込みはコチラ: https://20201010sbs.peatix.com

※受講者のご都合で欠席される場合にはキャンセル料が発生します。<2日前〜当日:100%>

※peatix締め切り後も残席があることがございますのでお問い合わせください。

■連絡先: HPのお問い合わせフォーム、または info★kazetoniji-clinic.jp(★を@に変更してメールして下さい)

※チラシはダウンロードしていただけます。